久米島・渡嘉敷島のおすすめリゾートホテル

サンゴ礁に浮かぶ楽園、久米島・渡嘉敷島

那覇からフェリーまたは飛行機で行く久米島、フェリーまたは高速船で行く渡嘉敷島のおすすめリゾートホテルを紹介します。

久米島までのアクセス

フェリー:那覇泊港(南岸)~片道2時間50分(最短)~久米島兼城港/3,390円(1日1~2便)

飛行機:那覇空港~片道35分~久米島空港/12,100円(1日7便)

渡嘉敷島までのアクセス

フェリー:那覇泊港(南岸)~片道1時間10分~渡嘉敷港/1,660円(1日1便)

高速船:那覇泊港(北岸)~片道35分~渡嘉敷港/2,490円(1日2~3便)

※フェリー、高速船共に片道運賃のほか、環境協力税100円が必要です。

 

日本の渚100選に選定されたイーフビーチや白い砂浜が一面に広がる壮大な景色が感動的なハテの浜など、絶景の海を楽しみたい方におすすめの久米島のリゾートホテル。そんな久米島のリゾートホテルを2軒紹介します。

久米島イーフビーチホテル
ビーチに面し眺めは抜群

目の前は全長2㎞のイーフビーチ。客室は1名から4名まで宿泊でき、ほとんどがオーシャンビュー。海洋深層水の展望風呂や屋外プールを備える。

画像提供:昭文社

ゲストルーム

画像提供:Expedia

久米島イーフビーチホテル 基本情報

スタンダードツイン1泊朝食付:7,000円~

IN:14:00 OUT:11:00 客室数:80室

所在地:久米島町謝名堂548 久米島空港から11km 駐車場:無料

施設:屋外プール、レストラン1軒、ラウンジ・バー2軒、ショップ1軒

サイプレス リゾート久米島
久米島空港近くの好立地

30㎡以上ある客室は全室オーシャンビューで、ツインを基本にスイートがある。レストランやトリートメントサロンなど、施設が充実しているのもうれしい。

画像提供:Expedia

ゲストルーム

画像提供:Expedia

ライトアップされた外観

画像提供:Expedia

サイプレス リゾート久米島 基本情報

デラックスオーシャンビューツイン1泊素泊まり:11,232円~

IN:14:00 OUT:11:00 客室数:84室

所在地:久米島町大原803-1 久米島空港から1km 駐車場:無料

施設:屋外プール、レストラン1軒、バー1軒、ショップ1軒

慶良間諸島の中で一番面積が大きく、島全体の8割を森林が占める、自然豊かな渡嘉敷島。世界屈指の透明度を誇る海で、シュノーケリングでサンゴ礁や熱帯魚を鑑賞したり、多彩なマリンスポーツを一年を通じて楽しむことができる。また、ウミガメが暮らす遠浅ビーチもあり、運が良ければウミガメを見ることもできる。

そんな渡嘉敷島のリゾートホテルを2軒紹介します。

ケラマテラス
ケラマブルーの海に包まれる(2017年4月中旬リニューアル予定)

ツインの客室はスタンダードとロフト付があり、アロマの香りが漂う。レストランでは沖縄産の食材を使ったカジュアルフレンチを。宿泊は15歳以上。

画像提供:JTB

ゲストルーム

画像提供:JTB

ケラマテラス 基本情報

ツイン1泊2食付:20,000円~

IN:13:00 OUT:11:00 客室数:8室

所在地:渡嘉敷村阿波連103 渡嘉敷港から5km 駐車場:無料

施設:レストラン1軒、トリートメントサロン

とかしくマリンビレッジ
島内最大級のリゾートホテル

とかしくビーチを目の前に望むロケーション。本館と新館があり、洋室と和室の2種類がある。マリンショップを併設し、マリンアクティビティが充実。

画像提供:JTB

新館ツインのお部屋

画像提供:JTB

お部屋からの眺望

画像提供:JTB

とかしくマリンビレッジ 基本情報

1泊2食付:8,640円~

IN:15:00 OUT:11:00 客室数:55室

所在地:渡嘉敷村渡嘉敷1919-1 渡嘉敷港から3km 駐車場:無料

施設:レストラン1軒、ショップ1軒

 

※宿泊料金は原則として2名1室で利用した場合を記しています。「1泊朝食付」「1泊素泊まり」と表記のあるものは1名分の料金を、「1泊室料」と表記のあるものは2名分の料金を表示しています。

※宿泊料金は、部屋のタイプや時期によって異なりますので、事前にご確認ください。

※掲載の内容は、2016年11月~12月の取材・調査によるものです。